日本の祝日とその意味・上半期編

あなたは日本の祝日を全て答える事ができますか?
ある程度は答えられるけれど、全て答えられる自信がないという人も少なくないでしょう。
なので、1月から順番に祝日とその意味を紹介していきます。

日本の祝日とその意味について・1~2月編

まず1月1日の「元旦」は年のはじめを祝う日で、お正月として初詣に参詣する人も多いでしょう。
「成人の日」は以前は1月15日と固定されていました。
ですが、現在はハッピーマンデーの制度を導入した事で1月の第2月曜日が成人の日です。
意味は、20歳で成人した事を自覚し、自立して生きていく成人をお祝い励ます日となっています。
1月15日だった理由は、昔は元服の儀式が行われていた日だったためです。

2月11日の「建国記念日」は、言葉通り日本国が誕生した日を記念した日です。
では、何年頃に誕生したの?と思う人もいるでしょう。
実は紀元前660年初代天皇の神武天皇が即位した日が2月11日だったと言われています。

3~4月編

3月20日の「春分の日」は、自然をたたえて生物をいつくしむ日と定めてあります。
今年は3月20日ですが、年によっては3月21日になるケースもあります。
なぜ日にちがズレるのかというと、前の年の2月に国立天文台が春分日を元に算出をして日にちが決まるためです。

4月29日は「昭和の日」です。以前は昭和天皇の誕生日でしたが、崩御されたので昭和の日として祝日に制定しようとしたのですが、政治的な理由で実現できず昭和天皇が自然が好きだったため「みどりの日」として祝日が制定されました。
ですが、その後2007年に「昭和の日」と改訂されました。
このように日本の祝日には政治的な要因が絡んでいるケースも少なくありません。

5~6月編

5月の祝日はGWとひとまとめに覚えていて、1つ1つの祝日は覚えていないという人も多いかもしれません。
5月3日は「憲法記念日」として日本国憲法が施行された日です。

5月4日は「みどりの日」です。先ほど4月29日が元みどりの日でしたが、天皇の日になった際にみどりの日が5月4日なったのです。
5月5日は「こどもの日」で、子供の幸せを祈り、母親に感謝する日でもあります。
ちなみに6月は1日も祝日がない月です。